2018年5月25日 Armoniteのニューアルバム「And the Stars Above」をCleopatra Recordsからリリース

「このバンドをPFMと同じカテゴリーにいれて良いのかは迷うところだが、アーモナイトはPFMに通じる冒険心を感じさせる。これは最近のモダンなプログレには消えつつあるものだ。」(Heathen Harvest)

作曲とキーボード担当のPaolo Fosso(パオロ・フォッソ)とバイオリニストのJacopo Bigi(イャコポ・ビジ)はクラシック音楽の経験を元に、10代から地元パヴィーアで活動。ビートルズからドリームシアターまで幅広い音楽を演奏。大学生時代にArmoniteというバンドで演奏し、1999年にはアルバムをリリースしたが、数回のライブ後に解散

2015 - Armoniteのバンド名で新バンドを結成。Porcupine TreeのベーシストColin Edwinとオランダ人ドラマーのJasper Barendregtとレコーディングを行った。

同年6月 - Museの初代プロデューサーPaul Reeveがプロデューサーとなり、ロンドンのアビーロードスタジオにてアルバムを完成。アルバムThe Sun is New each Dayをリリース。

同年9月21日 - ArmoniteはUNESCO主催の「The Water Rooms」の幕開けを飾るExpo 2015 Milanoで演奏。2016年3月にスイスの地方都市主催のコンサートを、その後UKでライブを行った。

2017 - International Songwriting Competition 2017では、ニューアルバムに収録された「Blue Curaçao」でインストゥルメンタル部門とパフォーマンス部門のHonorable Mention賞を受賞。審査員にはTom WaitsLordeBastilleBilly CobhamZiggy MarleyDon OmarKeaneと錚々たるミュージシャンが参加した。

Armoniteはビデオゲームや映画のサウンドトラックをカバーしたビデオも数種類発表している。ゲーム・オブ・スローンズ、パイレーツ・オブ・カリビアン、ハリー・ポッター、エクソシスト、サスペリア、スカイリム、ファイナル・ファンタジー、ヘイロー、メタルギアソリッド、ウィッチャーなど他多数を発表している。